コーポレートメッセージ

創業の精神に基づき、「美容を通して社会に貢献するビューティーカンパニー」を目指します。

企業とは、一隻の船のようなものであると私たちは常々そう考えています。
帆を操る技術に長けた人や、風を読むのが得意な人。
さまざまな能力を持った人材が担当する役割をまっとうし、
一つの目的の下に結束することで、大海原を渡っていける大きな力が生まれます。

サンコールは決して規模の大きな会社ではありませんが、だからこそ、
小さなメーカーとしての強みを最大限に活かし、状況に応じて素早く舵をきることで、
市場の変化に適応することができると考えています。

1955年の創業以来、私たちが一貫して大切にしてきたのは、
近江商人の心得として知られる“三方よし”という考え方です。
サンコールの元の社名は三幸化学といいますが、
この名前にはお客様、世間様、そして当社の幸せに対する願いが込められています。

長く存続する企業には、必ず社会に求められる理由がある。その意識を持ちながら、
美を通して社会に貢献することをめざしてきました。
私たちにできる社会貢献とは、「美しくありたい」というお客様の願いに応え続けることです。
ただしそのためには、瞬間的な美しさだけではなく、
美しさを長く継続させるためのものづくりを行う必要があります。
髪へのダメージを最小限に抑えることを基本としながら、
どうしても避けられないダメージに対しては適切なケアを行う。
「ダメージレス&ダメージケア」というコンセプトを中心に据えて、商品開発を行っています。

最良の結果のために大切なことは、手間を惜しまないという姿勢です。
弊社では、研究開発や企画、製造、営業、物流などのほとんど業務を
一貫して自社スタッフの手で行っております。
一見非効率で無駄に思えることも、効率のみを追求するのではなく
細部にまでこだわって商品や販促物を作り、
自分たちの言葉でお客様に丁寧に説明する。
そのプロセス一つひとつに責任を持つことで、商品力や提案力を深めることができると考えます。

流行が急速に移り変わる中、私たちメーカーに対するニーズも日々変化しています。
その中で大切なことは、ただ伝統を守ることではなく、
常に新しい試みを続けながら伝統を発展させることです。
長くご支持いただいているロングセラー商品であってもその評価に安住するのではなく、
時流に合わせて進化させていかなくてはなりません。

当社は「百年企業」という大きな目標を掲げています。
しかし本当に大切なのは百年という数字の実現ではなく、
「そのためにどうあるべきか」を模索し続けることです。
お客様に対する誠実さを忘れず、従業員が働きやすい環境を守りながら、
真に社会に求められる企業をめざして挑戦を続けていきます。

代表取締役社長 今牧 亮輔

ページトップへ